糖尿病は「血管に悪さをする病気」です

  • URLをコピーしました!
 *本記事を含め、当サイトでは広告を掲載しています。

本記事は、2022年12月21日に書き上げましたが、非公開のまま。

それを今日(2024年1月15日)、公開させていただきます。

目次

糖尿病は…

血糖値のコントロールが効かなくなって、少しずつ血管に悪さをしていく病気です。

実は、血糖値が高くなっても、本人は痛くも痒くもない。なので…

病気だという自覚もなく、ステルスのように血管にダメージが重なってきます。

やがて、病気が進行すると、最初、細い血管に目に見える障害が出てきます。

たとえば、足の傷などが原因となって足が壊疽を起こして切断に至る。

また、眼底の血管に障害が出て失明に至る。

やがて、腎臓に障害が出て人工透析に至る、などなど。

その後、太い血管などにも障害が…。



日本人は、予備群を含め糖尿病を疑われる人たちが、6人に1人の割合で居ると言われています。

まだ、予備群くらいなら完治の可能性もありますが、真正の糖尿病になってしまうと治らない病気だとも言われています。

それでも、食事コントロールや適度な運動、適切な薬物治療などで、合併症は免れることも可能なのです。

それらがうまくいく大前提は、糖尿病の怖さを知ることがら始まると考えています。

堀江貴文さんの動画を紹介

過日、タレントの渡辺徹さんがお亡くなりになりました。渡辺徹さんは糖尿病を患っていたそうです。

堀江貴文さんが、渡辺徹さんがお亡くなりになったことに際し、糖尿病に怖さを広く知らしめる解説動画をアップしました。

堀江貴文さんは一般社団法人 予防医療普及協会の理事をされています。

その活動の一環として、糖尿病の解説動画をアップしたのでしょう。

そして、最近では、CCBで活躍したミュージシャンの笠浩二さんがお亡くなりになり、それに際して、

今回も、堀江貴文さんが、再度、YouTubeで解説動画をアップしました。

下記の動画のなかで、堀江貴文さんが糖尿病について、判りやすく解説をされていますので、見ていただければと思います。


動画のなかでは、予防医療の観点から糖尿病以外にも言及していますが、合わせてご覧いただければと思います。

この場を借りて、渡辺徹さん、笠浩二さんのご冥福をお祈りいたします。

映画「糖尿病の不都合な真実」、そして、まとめ

前述の一般社団法人「予防医療普及協会」が作成した映画「糖尿病の不都合な真実」というのがあります。

前述の堀江貴文さんの動画をご覧になって、糖尿病について、もう少し知りたいという方は、ネット検索してご覧になってください。


ーーー

本記事の意図ですが、医者でもない筆者は思うのです。

健康診断などで、糖尿病を疑われても、何もしない人がいます。実はかつての私がそうでした。堀江貴文氏の動画などを見ることで、「糖尿病になる前に治療で完治する人」が1人でも2人でもいれば、それでいいと。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次